天文

撮影場所は特に断りのない限り福山市です。

 ■ 細い月

見えるか見えないかの細い月を探すのは楽しみです。

新月との時間差が小さい順に並べてた一覧はこちら

ベスト5は
1.18時間31分(新月後)
2.21時間37分(新月後)
3.22時間06分(新月前)
4.22時間45分(新月後)
5.22時間52分(新月前)
 ■ 月と惑星

月と惑星の(見かけ上の)接近はよく見られます。

夜明け前や日没後の空で、月と惑星が接近する風景は、特に美しく感じます。

写真書庫はこちら
 ■ 金環食
[2012年5月21日]

日の出頃の青空が次第に厚い雲に覆われてしまい、見えるかどうかやきもきしたが、金環食の時刻が近づくと幸運にも薄い雲に変わり、金環食をはっきりと見ることができた。

ブログはこちら

撮影場所:町田市
 ■ 金星の太陽面通過
[2012年6月6日]

関東地方は雨マークの予報。
次に見られるのが105年後となると、じっとしていられない。

新横浜からのぞみに乗って、隣駅まで行ってしまった。

写真は金星が太陽に最も深く入り込んだ頃(10:30)。

撮影場所:名古屋市
 ■ 月食
[2011年12月10日-11日]

皆既月食。
時おり雲が流れてきたが、始まりから終わりまでの全過程を見ることができた。

撮影場所:町田市

[2013年4月26日]

明け方、部分月食。
といっても最大食分は0.02と小さく、欠けたまま山の端に沈んだ。

撮影日時:2013.04.26_04:55
撮影場所:福山市

[2014年10月8日]

皆既月食。
ときどき雲が流れたが、素敵な天体ショーを見ることができた。月の右の星は天王星。

撮影日時:2014.10.08 20:05
撮影場所:福山市

[2017年8月8日]

部分月食。
食分が最大の頃。

撮影日時:2017.08.08 03:20
撮影場所:福山市
 ■ 月面X

2013.01.19_21:01

2014.04.07_21:57 
 ■ 太陽黒点

2014.01.09_11:44
 
2014.02.04_17:06

2014.10.23_10:44
 
2016.04.13_06:23
 ■ 星空

沈む冬の星座 2014.02.05_01:56

夏の大三角と天の川 2014.07.31_00:28
 
火星最接近 2016.05.31_00:55

夏の大三角 2016.07.06_21:19
 
冬の大三角 2016.10.06_04:53

カノープス 2017.03.03 19:00



もどる