福山の気象データ

 目次
 1.気温の長期変化
 2.日々の平均気温
 3.福山アメダスと農業研究センターの気温比較
 4.猛暑日・熱帯夜日数、マイナス5℃以下の日数
 5.2016年6月の大雨
 6.平成30年7月豪雨

 もどる



0.福山特別地域気象観測所(旧福山測候所)の沿革

 昭和 9年 7月 7日 広島測候所松永臨時出張所設置。
 昭和17年 1月 1日 常時観測開始。創立年月日とする。
 昭和22年 4月30日 広島管区気象台松永観測所に改称。
 昭和25年 6月 1日 松永測候所に改称。
 昭和45年 4月17日 福山測候所に改称。
 平成14年 3月 1日 福山測候所廃止。福山特別地域気象観測所へ移行。
 (広島地方気象台HPから抜粋)

  (2016年11月3日撮影)



1.気温の長期変化

福山アメダスで観測された平均気温(年単位)の長期変化を下図に示す。
長期的には上昇傾向だが、2000年以降は年による変動はあるものの、気温上昇の停滞現象(ハイエイタス)は依然続いているようにもみえる。




月平均気温(平年値との偏差)の長期変化を示したのが下図である。
月単位でみると、平年値との偏差がプラスマイナスに大きく振れている月が意外に多く、年単位では見えなかった気温変化を知ることができる。

現在使用されている平年値は1981年から2010年の30年間の値である。
下図で、10年毎の偏差を加えると (-0.6)+(+0.1)+(+0.5) = 0 となる。

2011年から2020年までの偏差は、いまのところ +0.4℃ 程度になりそうで、2021年から使用される新平年値は、現在の平年値より 0.3℃ 程度高くなりそうだ。



2.日々の平均気温

日々の平均気温を示す。ここでは、福山にUターンした2012年以降に限る。
曲線は平年値を示し、平年値を超えた場合はオレンジ色、平年値以下だった場合が青色である。

---
2020年は3月までは平年よりかなり暖かかったが、4月は一転して低くなった。月ごとの平年値との差を数字で記している。




2019年の年平均気温は16.2℃(史上4位)だった。




2018年7月、西日本を中心に広い範囲で豪雨を記録(平成30年7月豪雨)。年平均気温は15.9℃(史上9位)だった。




2017年の年平均気温は15.4℃だった。




2016年1月25日、福山アメダスで最低気温マイナス8.1℃(史上3位タイ))を記録。6月22日〜23日、福山で大雨被害発生。年平均気温は16.4℃(史上2位)だった。




2015年の年平均気温は15.7℃だった。




2014年8月20日、広島市で大規模土砂災害発生。年平均気温は15.3℃だった。




2013年の梅雨明けはかなり早く(中国地方7月8日頃)、暑い夏だった。年平均気温は15.7℃だった。




2012年9月初めに福山にUターンしたが、残暑が厳しかった記憶がある。一方で12月8日には福山中心部で初雪を観察し、冬の訪れは早かった。年平均気温は15.5℃だった。




3.福山アメダスと西日本農業研究センターの気温比較

福山特別地域気象観測所(福山アメダス)は、JR福山駅の西南西 約11.5kmの松永町にあり、福山中心部とは沼隈半島で隔てられている。そのため、福山アメダスと福山中心部との気温差が(あるのかないのか)気になっていた。

農研機構西日本農業研究センターの気象観測露場は、JR福山駅の東北東 約2.8kmという福山中心部により近い場所にあり、気象データが公開されているので、2019年の気温の比較を行ってみた。

福山アメダスと農業研究センター(農研C)の位置関係を下図に赤丸で示す。




西日本農業研究センターの気象観測露場 (Webページより引用)
(北緯34°29′54″、東経133°23′24″、標高2m)


2019年1年間の日平均気温は農研Cの方が僅かに高いものの、その差は0.282℃と非常に小さく、両者の気温はほぼy=xの直線上にあることが分かった。




同様に、日最高気温の差は0.161℃、




日最低気温の差は0.226℃であり、いずれの差も非常に小さかった。




4.猛暑日・熱帯夜日数、マイナス5℃以下の日数

福山アメダスで観測された最高気温が35℃以上の日数と最低気温が25℃以上の日数を示す。
1990年頃を境に、共に日数が増加していることがわかる。

旧福山測候所で常時観測が始まった1942年に、最高気温35℃以上の日が非常に多かった(歴代1位タイ)ことは意外だったが、この年の夏は全国的に顕著な高温だったようだ。

「猛暑日」という用語は、2007年から使用されるようになった。
「熱帯夜」は、気象庁では「夕方から翌日の朝までの最低気温が25℃以上になる夜のこと」と定められており、ここで示した日数とは厳密には異なっている可能性がある。

<<< Wikipediaから引用 >>>
1942年(昭和17年)
7月下旬から8月中旬にかけては全国的に顕著な高温となり、福島市(39.1℃)、長野県松本市(38.5℃)、福井県福井市(38.6℃)、三重県伊賀市上野(38.8℃)、東京都八丈島(34.8℃)、高知県室戸岬(35.0℃)、同土佐清水市(35.5℃)、富士山(17.8℃)と、多くの地点でこの年に観測された最高気温が現在でも史上1位の記録となっている。名古屋では7月の平均最高気温が35.2℃、京都市では35.0℃に達した。また、京都市では35℃以上の日数が36日を数え、観測史上最も多い。また区内観測所の記録では愛知県豊田市で41.8℃、瀬戸市と奈良県御所市(41.0℃)など東海地方から中国・四国地方の内陸部を中心に17地点で40℃以上を観測した。しかし8月下旬は一転してかなりの低温になった。
<<< 引用おわり >>>




福山アメダスで観測された最低気温がマイナス5℃以下の日数の経年変化を下図に示す。

1990年頃から傾向が明らかに変わり、最低気温がマイナス5℃以下の日はめったに現れなくなった。

2018年1月から2月にかけては近年には珍しく気温の低い日が続き、このデータを調べるきっかけとなった。




5.2016年6月の大雨

梅雨前線が活発化した影響で、6月22日夜から23日未明にかけて中国地方は大雨となった。福山市では芦田川の支流など5河川があふれ、瀬戸町や山手町などの住宅街が広範囲に浸水した。




6月23日6時過ぎの芦田川の様子。右は山手橋の水位。

 


6.平成30年7月豪雨(西日本豪雨)

平成30年7月豪雨とは、2018年(平成30年)6月28日から7月8日にかけて、西日本を中心に北海道や中部地方を含む全国的に広い範囲で記録された、台風7号および梅雨前線等の影響による集中豪雨。同年7月9日に気象庁が命名した。別称西日本豪雨。(Wikipediaより)

「平成30年7月豪雨」の大雨の特徴とその要因について(速報) --- 気象庁

福山市では7月5日から雨が降り始め8日まで続いた。警報、注意報、避難情報等の経過は下記の通り。広島県に初めて大雨特別警報が発表された。




福山アメダスで観測された降水の状況は下図の通り。



芦田川は一時はん濫危険水位を超過し、過去最高水位を記録した。




芦田川神島橋付近(左)、瀬戸川(右)。7月7日11時頃。

 

芦田川山手橋付近(左)、高屋川との合流点付近(右)。7月7日14時30分頃。

 


ページ先頭へ